3/15(土)  開場12時半 開会1時
第31回 メディアを考える市民のつどい
緊急集会 NHKの危機、どうする
NHKを安倍政権の広報機関にさせるのか!

 いま公共放送NHKが危機に瀕しています。NHK籾井勝人会長、百田尚樹・長谷川三千子両経営委員の常軌を逸した発言、それを任命した安倍政権、NHKを政府の広報機関に堕落させていいのか…

 籾井会長は「慰安婦」問題について「戦争地域ではどこの国にもあった」と容認、国際放送について「政府が右というものを左と言うわけにはいかない」と発言し、各界から「権力監視というジャーナリズムの役割を理解していない。会長の資質なし」と辞任要求が高まっています。

 NHKを「国民の知る権利」に応える真の公共放送にしていくために私たちはどうすべきか、ご一緒に考えましょう。

■リレートーク■

・ 醍醐 聰さん (東京大学名誉教授)
 NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ共同代表
 「NHK会長暴言は会長選考システムの構造的欠陥を露呈したもの。権力を監視するメディアを政府与党が選ぶ自己矛盾」

・ 小林 緑さん (元NHK経営委員)
 国立音楽大学名誉教授
 「NHK 経営委員を6年勤めてわかったが、方針はすべて事務局が決めていた。NHK は透明性を高めることが何より必要だ」

・ 門奈直樹さん (立教大学名誉教授)
 ジャーナリズム論・英国BBC 放送研究
 「国際放送」こそ自主・自立が求められる。公共放送で重要な要件は「政府と距離を置かなければいけない」こと。

■視聴者団体、市民からの発言■

会場:あすてっぷKOBE 2F
    電話 078-361-6977
    神戸市中央区橘通3丁目4-3
    「高速神戸」から湊川神社の西側を北へ徒歩3分
     又は地下鉄「大倉山」から南へ3分。
    神戸市立総合福祉センターから北へ50m
参加費:1000円 (学生 500円)
どなたでも参加できます。予約不要
主催:NHK 問題を考える会(兵庫)
    電話・FAX 078-351-0194 (西川) 090-5054-7171